牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD-MD)(届出伝染病) 

家畜の種類: 牛、水牛

 

角丸四角形: 1 概  要

               本病は、呼吸器系、消化器系、運動器系および泌尿・生殖器系の異常および先天異常などを示す

届出伝染病です。

 

角丸四角形: 2 原  因 

               感染牛からの直接・関節接触、あるいは空気伝播により感染が起こります。一般には二峰性の軽い発熱と

一過性の白血球減少症が起こるだけですが、免疫機能が抑制されるので呼吸器病にかかりやすくなります。

また、他のウイルス性の病気と混合感染が多くみられます。

 

角丸四角形: 3 症  状 

               呼吸器系の異常としては、呼吸困難、流涙、鼻汁などです。消化器系の異常としては、血液を含む下痢便、

運動器系の異常としては跛行、関節の異常、起立不能、泌尿・生殖器系の異常としては流産がみられます。

また、先天異常としては、子牛の盲目、小脳欠損、奇形などを示します。出血症候群では、大腸に出血や

粘膜の潰瘍がみられます。胎子感染例では、大脳水腫や小脳欠損などの奇形が生じます。

 

角丸四角形: 4 予防法 

               本病の対応は、牛群から感染源となる持続性感染牛を摘発・とう汰することです。予防法としては未経産牛

の種付け4週前に生ワクチンを投与し免疫を高めます。有効な治療法はありません。牛伝染性鼻気管炎との

3種、4種、5種または6種混合生ワクチンを使用します。

             

              ・牛伝染性鼻気管炎5混生ワクチン 2ml/頭 筋肉内注射

                                      生後1ヵ月齢前後と4〜5ヵ月齢時に2回注射し、その後は年1回注射

 

角丸四角形: 5 関連リンク

     ・疾病情報(動物衛生研究所)

     ・畜産経営技術Q&A(中央畜産会)

 

MM900395700[1]