チ ュ ウ ザ ン 病 (届出伝染病) 

家畜の種類: 牛、山羊、水牛

 

角丸四角形: 1 概  要

               吸血昆虫が媒介するカスバウイルス(チュウザンウイルス)によって起こる病気で、体表・外貌等

の奇形及び歩様不安定、運動失調を呈する届出伝染病で、1月頃発生します。

               発生は、我が国のみで九州地方に限局しています。夏から秋にかけて吸血昆虫により感染し、妊娠牛が

感染すると、母牛に異常はみられなくても子牛に大脳欠損等の異常が起こります。

                           

角丸四角形: 2 症  状 

               子牛は、虚弱、運動失調、起立不能、角膜白濁、眼球振璗、盲目、吸入不能、下顎門歯の発育不全、

神経症状として、首を背後に反り、四肢を伸ばし、あたかも弓を張ったかのように見える姿勢の後弓反張

を示します。解剖所見では大脳欠損、小脳形成不全などが認められます。

                           

角丸四角形: 3 予防法 

               ・アカバネ病・チュウザン病・アイのウイルス感染症混合不活化ワクチン

                4〜6月にかけて、3ml/頭ずつ4週間隔で2回接種します。有効な治療法はありません。

             

               ・アカバネ病、アイノウイルス感染症、チュウザン病混合不活化ワクチン  3ml/頭 筋肉内注射

                                                               4週間隔で2回接種

 

角丸四角形: 4 関連リンク

     ・疾病情報(動物衛生研究所)

     ・畜産経営技術Q&A(中央畜産会)

 

MM900395700[1]