腐 蛆 病  (法定伝染病) 

家畜の種類: 蜜蜂

 

角丸四角形: 1 概  要

               本病は、みつばちの幼虫に生じる伝染性の細菌性疾病で、アメリカ腐蛆病とヨーロッパ腐蛆病があり、

みつばちの疾病の中で最も大きな被害をもたらし、法定伝染病に指定されています。

 

角丸四角形: 2 原  因

               腐蛆病に汚染された巣脾(巣板)や巣箱などが十分に消毒されないまま用いられることにより、感染が繰り

返されます。本菌は芽胞を形成するため、根絶が難しく、蜂場からの土壌からも分離されることがあります。

ヨーロッパ腐蛆病は内勤蜂から給餌を通じて幼虫に入り、感染、増殖して腐蛆を生じます。発病は単純なもの

ではなく、死体の様相もさまざまです。

              ・アメリカ腐蛆病(原因菌:ペニバチラス ラルベ)

              ・ヨーロッパ腐蛆病(原因菌:ミクロコッカス プルートン)

 

角丸四角形: 3 症  状

               感染した峰児の巣房の蓋が陥没したり小孔がみられたりするのが特徴です。また、強い膠臭のある茶褐色

または黒色の腐蛆がみられ、これにマッチの軸などを刺して引き抜くと、糸を引くのが確認できます。ヨーロッパ

腐蛆病では無蓋巣房内で底部や側壁部などにさまざまな状態で横たわる幼虫がみられ、色調は透明ないし

汚白色で、酸臭や発酵臭が強いのが特徴です。

 

角丸四角形: 4 予防法

               感染が明らかになった場合には、その蜂群を巣箱ごと焼却しなければなりません。これを放置すると発病

して弱群化した蜂群には強群からの盗蜂がつきやすく、感染が拡大しやすくなります。蜂場で用いられた巣脾

や巣箱、その他の蜂具類は適切な消毒を行うことが必要です。

              ・巣箱等の消毒は、グルタルアルデヒド1%溶液等で浸漬or噴射(パコマは無効)

             

              蜜蜂の病気でバロア病、チョーク病、アカリンダニ症、ノゼマ病は届出伝染病に指定されています。

 

角丸四角形: 5 関連リンク

     ・疾病情報(動物衛生研究所)

 

MM900395700[1]