豚 コ レ ラ  (法定伝染病) 

家畜の種類: 豚、いのしし

 

角丸四角形: 1 概  要

               豚といのししが豚コレラウイルスに感染し、経過が速く、死亡率がきわめて高い急性ウイルス病です。

国際的に重要な疾病であり、我が国では清浄化が達成されています。

 

角丸四角形: 2 原  因

               豚コレラウイルスの感染によって起こり発生要因として、周辺での発生、発生地からの患畜導入、人の出入り、

処理不十分な汚染肉や厨芥などの給餌、汚染精子による人工授精などがあげられます。また、野生のいのしし

に豚コレラがまん延すると豚への感染源となります。

 

角丸四角形: 3 症  状

               初期の症状は高熱と食欲減退で、次いで結膜・眼瞼の分泌物付着や便秘後の下痢、さらに後躯麻痺や

四肢痙攣などの神経症状がみられるようになります。末期には下腹部、耳翼、頸部、四肢など体表に紫斑

や赤紫色のうっ血及び出血斑が認められ、数日以内に死亡します。病原性の弱いウイルスの感染では、

経過は1〜数ヵ月に及び、ひね豚となります。

 

角丸四角形: 4 予防法

               清浄国ではワクチンを使用せず、摘発・とう汰を基本としたまん延防止策措置がとられます。我が国でも

ワクチン接種にたよらない防疫対策が進められ、200010月からワクチン接種を原則的に禁止し、

摘発・とう汰方式による防疫へ転換しました。

 

角丸四角形: 5 関連リンク

     ・疾病情報(動物衛生研究所)

     ・産経営技術Q&A(中央畜産会)

 

MM900395700[1]