炭  疽 (法定伝染病) 

家畜の種類: 牛、馬、めん羊、山羊、豚、水牛、鹿、いのしし

 

角丸四角形: 1 概  要

               炭疽菌の感染によって起こる人畜共通感染症で、牛、馬、豚、めん羊等がかかります。本症では、

敗血症、腸炎などの症状がみられます。

             

角丸四角形: 2 原  因

               炭疽菌が家畜の経口または皮膚創傷等から侵入することにより感染します。炭疽菌は、土壌中で長期間生存

するので、畜舎内外の土砂の移動が汚染源となることがあり、土壌菌とも呼ばれます。

             

角丸四角形: 3 症  状

               いろいろな症状を示し、全身感染を起こすと、肺血症で急死し、肛門、鼻孔などの天然孔から凝固不全の

血液の流血が認められます。

             

角丸四角形: 4 予防法

 牛の場合は牛炭疽病ワクチンがあります。

 予防効果は接種の2週間後から発現し、約6か月以上持続します。妊娠牛には接種しません。

               本症の発生のあった畜舎は徹底した消毒を行います。また、死体を埋却した場所の土砂の移動は

避けます。

             

角丸四角形: 5 ワクチンプログラム

               牛の場合は牛炭疽病ワクチン。通常は4〜6月に年1回接種しますが、発生地では6か月毎に追加

接種します。

 

角丸四角形: 6 関連リンク

     ・疾病情報(動物衛生研究所)

     ・畜産経営技術Q&A(中央畜産会)

 

MM900395700[1]