口 蹄 疫 (法定伝染病) 海外伝染病

家畜の種類: 牛、めん羊、山羊、豚、水牛、鹿、いのしし

 

角丸四角形: 1 概  要

               牛、豚などの偶蹄類がかかり、口内や蹄冠部に水疱ができるウイルス病です。本症は伝播力が強く、

国際的に最も重要な伝染病とされ、法定伝染病・海外伝染病に指定されています。

 我が国では20104月に宮崎県において大規模な発生がありましたが、約29万頭に及ぶ牛、豚等の家畜の

殺処分や消毒の徹底、感染拡大を抑えるための緊急のワクチン接種等の防疫措置を実施した結果、終息し現在

は清浄国として認定されています。

 2010年以降、我が国では発生しておりませんが、台湾や中国をはじめとする近隣諸国においては引き続き発生

が認められていることから、口蹄疫ウイルスの侵入リスクは依然高い状況にあります。

 

角丸四角形: 2 原  因

               口蹄疫ウイルスに感染した豚や牛との接触あるいはウイルスに汚染された飼料、水、敷きわらなどを介して

感染します。海外からの侵入経路は不明ですが、人、汚染した家畜や畜産物の流通、船舶や航空機の汚染厨芥

などを介して侵入するともいわれています。

 

角丸四角形: 3 症  状 

               初期には、発熱、食欲不振、鼻漏、および跛行がみられ、その後、舌、口唇、歯根などの口腔粘膜、

蹄部および乳房・乳頭に水疱ができます。水疱は急速に増えて大きくなりますが、短期間のうちに破裂し、

潰瘍やびらんができ激しい痛みを伴うことから、食欲減退と発育障害が生じます。蹄部の水疱は細菌の

二次感染を受けやすく、時には蹄が離脱する場合があります。

 

角丸四角形: 4 予防法

               汚染した恐れのある乳汁、糞便、飼料、畜舎、輸送車などの消毒、人および家畜の移動制限などを

徹底的に行い、患畜等を殺処分し、まん延を防止します。本病の常在国等では不活化ワクチンが使用

されていますが、我が国は清浄国なので、汚染国からの動物や畜産物の輸入禁止または制限により

侵入防止を図っています。なお、我が国では緊急用としてワクチンを備蓄しています。

 

角丸四角形: 5 関連リンク

     ・口蹄疫に関する情報(農林水産省)

     ・疾病情報(動物衛生研究所)

     ・畜産経営技術Q&A(中央畜産会)

 

MM900395700[1]