トップページ >イベントレポート>豚流行性下痢(PED)まん延防止緊急対策として消石灰の配布を行いました



豚流行性下痢(PED)まん延防止緊急対策として消石灰の配布を行いました


         

 当協会では、県内における豚流行性下痢(PED)の流行拡大を防ぐために、養豚生産者に対し消毒を徹底することで

PEDウイルスの侵入を遮断し、本病の防疫体制を強化することを目的とし、県内の養豚場541農場、と畜場8か所、

家畜市場1か所への消石灰配布を行ってまいります。
 
 まず、鉾田市と行方市において、4月30日(水)、鹿行家畜保健衛生所、鹿行農林事務所及び鉾田市、行方市の

協力のもと車両等の出入り口の消毒に必要な消石灰を各養豚場(1場あたり10袋)に配布いたしました。


  



                                                         ▲ページの先頭に戻る