トップページ >家畜衛生関係>予防注射や検査等に関する事業

予防注射や検査等に関する事業

◆ヨーネ病清浄化対策事業

   ヨーネ病 まん延防止、早期清浄化のために家畜飼養者が自主的に
   行う検査及び同居牛のとう汰を補助します。
   県では市町村を4グループにわけ、それぞれ4年毎に定期検査を
   実施しています。(補助率1/2以内)
   平成27年度から肉牛も対象となりました。

補助単価
・検査料

290円/頭

・証明費

200円/件

・とう汰奨励費

評価額の2/3



◆オーエスキー病清浄化対策事業

   清浄化対策強化段階(ステータスU)の地域で行う
   オーエスキー病 ワクチン接種事業と感染豚のとう汰更新事業や
   地域ごとの清浄度確認検査事業を実施します。また、抗体陰性
   豚の種豚流通促進のため種豚生産農家における出荷予定豚の抗
   体検査事業を実施し、陰性豚には証明書を発行します。

補助単価
・ワクチン全頭接種

38円以内/頭

・とう汰更新費
 +清浄化推進費
 (概ね3か月以内に陽性豚をとう汰する農場)

16,000円以内/頭
8,000円以内/頭
 

・検査費

290円以内/頭

・証明費

200円以内/件



◆牛白血病清浄化対策事業(H26年度新規)

   牛白血病の感染拡大を防止するため、発生農場等での重点的な
   検査や共同牧場での検査及び吸血昆虫の駆除対策等を支援します。
   (補助率1/2以内)

補助単価
・検査料

290円/頭

・証明費

200円/件

・駆除対策費

88,000円/場



◆伝染病発生・流行防止対策事業

   牛の伝染病の発生・流行の防止対策としてアカバネ病、牛異常産
   3種混合(アカバネ病・チュウザン病・アイノウイルス感染症)
   のワクチン接種を実施します。
   また、アカバネ病・牛異常産3種混合については、事業終了時に
   予算の範囲内で補助金を直接農家に交付します。

補助単価
・アカバネ病(生)

128円以内/頭

・牛異常産3種混合(不活化)

128円以内/頭



◆予防注射事故対策事業

   予防注射時に事故が発生した場合、手当金を交付します。


◆飼養衛生管理強化対策事業

   家畜伝染病予防法の改正により、生産者が遵守すべき飼養衛生
   管理基準が大幅に見直され、同基準を早期に周知・徹底させるため、
   生産者自らによる飼養衛生管理の向上に対する取組を支援することが
   必要であり、自主的に獣医師等による衛生指導を受け、その指導に
   要した費用を支援する事業です。

   ⇒取組支援の仕組みの図
   ⇒取組支援の仕組みの図(市町村衛指協等が入る場合)

補助単価
・上限
 ※経費の1/2補助

2,700円/回
2回まで



■伝染性疾病発生予防事業

   伝染病発生予防のために,畜産協会が単独で、牛クロストリジウム3種混合
   (気腫疽菌、クロストリジウム・セプチカム、クロストリジウム・ノビイ)、
   牛伝染性鼻気管炎5種混合牛伝染性鼻気管炎、牛ウイルス性下痢−粘膜病、
   牛パラインフルエンザ、牛RSウイルス感染症、牛アデノウイルス感染症)、
   イバラキ病の予防接種を実施するとともに、家畜衛生に関する研修会を開催
   する事業です。

予防接種単価
・牛クロストリジウム感染症3種混合

950円/頭

・牛伝染性鼻気管炎5種混合(生)

1,880円/頭

・イバラキ病

660円/頭

・牛伝染性鼻気管炎5種・ヘモフィルス混合

2,450円/頭



●農林水産省HP参照

(飼養衛生管理基準)

・豚の飼養衛生管理基準に関するパンフレット(PDF)
・牛の飼養衛生管理基準に関するパンフレット(PDF)
・鶏の飼養衛生管理基準に関するパンフレット(PDF)
・馬の飼養衛生管理基準に関するパンフレット(PDF)


(生産衛生管理ハンドブック)

・牛肉の生産衛生管理ハンドブック−肉用牛農場・生産者編(PDF)
・鶏肉の生産衛生管理ハンドブック−肉用鶏農場・生産者編(PDF)
・鶏卵の生産衛生管理ハンドブック−採卵鶏農場・生産者編(PDF)

・安全な畜産物を生産するために農場でできること(食中毒を減らすための取組)
・高病原性鳥インフルエンザに関する情報