トップページ >家畜衛生関係>死亡牛のBSE検査に関する事業

死亡牛のBSE検査に関する事業

◆死亡牛緊急検査処理円滑化推進事業

   48か月齢以上の死亡牛の検査処理を円滑に進めるために
   次の取組みを支援しています。

@ 死亡牛検査処理安定化対策事業

   死亡牛の円滑かつ適正な処理を推進するとともに、BSE検査を
   円滑に実施するため、県内で死亡した牛の、農場から化製場
   までの輸送費の一部を助成します。

助成単価
農場からBSE検査センターまでの輸送費

※上限2,000円/頭(補助率1/2)

BSE検査センターから化製場までの輸送費

上限2,000円/頭(補助率1/2)

   ※(ただし、自分で運搬した場合は助成の対象にはなりません。)


A 死亡牛検査支援対策事業

   県が行うBSE検査料を助成します。

助成単価
BSE検査料

4,500円/頭(定額)





 【茨城県BSE検査センターのご案内】

業務日

月曜〜金曜(祝日は除く)

受付時間

10:00〜14:00

住所

茨城県石岡市根小屋1234

電話番号

0299−43−3355


    ※ただし,7月から9月の土曜日,
    一部祝日(5月5・6日,7月20日,9月21・22・23日)及び
    年末(12月29・30日)は業務日とする。