トップページ >家畜衛生関係>産業動物獣医師修学資金

産業動物獣医師修学資金

産業動物獣医師 及び 公務員獣医師 を目指す学生の方へ。


〜修学資金制度の目的〜

   牛・豚などの家畜を診療する獣医師( 産業動物獣医師 )
   や都道府県の家畜保健衛生所等の獣医師を養成・確保し、
   家畜の伝染性疾病の予防・まん延を防止するための体制
   や畜産物の安全性確保のための体制を整備するものです。

修学資金制度の概要と条件

 @貸与額:月額10万円以内(私立大学の学生:月額12万円以内)
  (就業予定団体と国が折半して負担します。)

 A条件:獣医師免許取得後、貸与期間の1.5倍の期間、就業予定先で
  産業動物の獣医療業務に従事すること(条件不履行の場合、貸与を受
  けた修学資金を返還していただきます。)

対象者(以下のすべての条件を満たす方)
 @国内の大学において、獣医学を専攻する大学生

 A獣医師免許取得後、県内の市町村、農協、農業共済組合等に勤務し、
  産業動物獣医師として家畜診療所に従事、または茨城県
  においての家畜衛生行政等及び産業動物の獣医療業務に従事する意思が
  ある方


     ※平成27年度の募集は終了しました。


     ■お問い合わせ先■

      (公社)茨城県畜産協会
      経営支援部 衛生課
      TEL:029−231−7501(代表)
         029−225−6697(衛生課直通)