第3回肉の日プレゼントキャンペーン

  トップページ >プレゼントキャンペーン


毎月29日は「肉の日

第3回 肉の日プレゼントキャンペーン正解発表!!


クイズに答えて「茨城の畜産物」を当てよう!
今回の賞品はコチラ↓↓↓



全問正解者の中から抽選で5名様に 茨城県大子町

奥久慈しゃも料理店で利用できるお食事券(3,000円分)」 をプレゼント!



★奥久慈しゃも料理店のリスト(大子よかっぺ倶楽部加盟店)





しゃもは、江戸時代にシャム(現在のタイ)から輸入されたニワトリの品種で、原産地名が名前の由来です。

「軍鶏」と書くように闘鶏用ニワトリであるため、気性が荒く、群れで飼うのは難しい種ですが、肉・卵ともに味がよいため、

闘争心を抑え、繁殖力があるよう茨城県畜産センター養鶏研究室で改良を加え、できたのが 「奥久慈しゃも」です。

日本三大軍鶏,日本三大地鶏のひとつでもある奥久慈しゃもは,寒暖の差が大きい奥久慈地方で穀物や青菜などを与えられ、

ブロイラーの飼育期間の3倍もの期間をかけ育てられています。

そのため肉は身が締まり、脂肪分が少なく,歯ごたえがあり、ヘルシーで滋味に富み,料理に一段の風味をそえます。



大子町 は茨城県の北部に位置し,自然ゆたかなところです。

日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」など観光名所が数多くあります。

最近では廃校となった小学校がドラマの撮影で使用され,人気スポットとなっています。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【 結果発表!! 】

■奥久慈しゃも(メス)の飼育期間は次のうちどれでしょう?

  答え: 約150日

   茨城県北部・奥久慈の大自然に包まれた環境で、一般的な鶏肉と比べ3倍もの期間をかけ、
   大事に飼育されています。
   スーパーなどによく並んでいる通常のブロイラーの飼育期間が50日であるのに対し、
   「奥久慈しゃも」は専用の良質な配合飼料の他に、農家生産の穀物と青物などを十分に与え、
   ストレスがたまらないように自然のある広い場所で時間をかけて、オスは約125日、
   メスは約155日まで育てられます。肉質の締まりとともにうまみもギュッとつまっています。
   歯ごたえがいいのも特徴の一つです。


■次の写真のうち『奥久慈しゃも』はどれでしょう?

  答え: C.奥久慈しゃも



   Aはダチョウ、Bは白色レグホーン、Dはクジャク でした。

■次の写真のうち大子町の観光名所はどれでしょう?

  答え: B.袋田の滝



   日本三大名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」。高さ120m、幅73mの大きさを誇ります。
   大岩壁を四段に流れることから、別名「四度の滝」とも呼ばれ、その昔、西行法師が訪れた際、
   「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわからない」と絶賛したことからとも言われます。
   大子町の代名詞ともいえるメインスポットです。

   ≪ 日本三大名瀑 ≫
   日光の「華厳の滝」、熊野の「那智の滝」、奥久慈の「袋田の滝」


   ち ・ な ・ み ・ に ☆

   Aの「牛久大仏」は県南に位置する 牛久市にあります。
   天候がいい日は、展望台から富士山やスカイツリーが望めます。
   イベント時にはライトアップや花火が打ち上げられ、全長120mの大仏様の迫力は圧巻です。

   Cは「偕楽園」 県央に位置する茨城県の県庁所在地の 水戸市にあります。
   日本三大名園にも数えられ、梅の名所となっています。
   隣接する千波湖周辺の拡張部を含めた「偕楽園公園」は、都市公園としてニューヨークの
   セントラルパークに次ぎ世界第2位の面積をもちます。

   Dは「竜神大吊橋」は県北に位置する 常陸太田市にあります。
   高さが100m、長さは375mあり歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇ります。
   2014年3月よりバンジージャンプの営業がスタート。高さ100mの絶景から飛び込む爽快感を味わえます。


たくさんのご応募ありがとうございました!!



プレゼント提供:奥久慈しゃも生産組合


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

▲ページの先頭に戻る