平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度〜

     平成22年度 > 3月号 : 平成22年度茨城県自給粗飼料生産コンクール開催される


平成22年度茨城県自給粗飼料生産コンクール開催される
茨城県畜産協会


  茨城県畜産協会主催による平成22年度茨城県 自給粗飼料生産コンクールが開催されました。
  コンクールは、飼料作物の生産利用技術等の優 秀な事例を県内から選定・表彰することを目的と し、今年度は飼料イネ、トウモロコシ、牧草の3 部で開催しました。
  県内各地の畜産農家及び耕種農家,飼料生産受 託組織から出品された29点についてサイレージ の現物官能審査、成分評価を行い、飼料作物の収 量や生産利用技術等の状況を加味し、入賞3点が 選定されました。
  審査講評では、山田和重審査委員長(茨城県畜 産センター長)より、昨年の夏は記録的な高温少 雨であり,飼料イネ,トウモロコシの栽培にはや や不利な環境でしたが,平年並みの収量があげら れており、サイレージの発酵品質と成分値につい ても概ね良好で、各出品者とも自給飼料生産に積 極的に取り組んでいることがうかがわれたと評価 されました。
  結果、最優秀賞には飼料イネを出品された稲敷 市の本新草地利用組合が選定されました。当事例 は、官能審査および飼料成分で高得点を獲得され た他,利用畜産農家との連携を図り,たい肥の投 入を行う等、大規模生産の取り組みが高く評価さ れました。
  今後更なる自給粗飼料の生産技術の向上、耕種 部門と畜産部門の相互の連携強化を通じて、良質 粗飼料を安定的に生産供給に向けた取り組みに期 待したいと思います。