平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度〜

     平成22年度 > 3月号 : 第38回常陸牛共励会盛大に開催!!


第38回常陸牛共励会盛大に開催!!
常陸牛振興協会 大 槻 敏 之


  茨城県常陸牛振興協会主催の第38回常陸牛枝 肉共励会が東京食肉市場において開催されまし た。
  この共励会は常陸牛指定生産者が出品資格とな り、生産者団体(全農、家畜商組合県畜産連)を 通して50頭での覇権を競い合うものです。  出荷時は小美玉市の茨城県中央家畜市場に50 頭を一同に並べ、生産者が生体を見ながら審査し 予想投票を行いました。生産者は自分の出品牛と 前年度に名誉賞を獲得した生産者の生体等を見比 べして真剣な表情で取り組んでおりました。
  枝肉の審査当日に審査に当られた日本格付協 会や東京食肉市場、JA全農ミートフーズ、(株) コシヅカなどが当たりましたが名誉賞候補が2頭 となり、審査の結果、名誉賞には水戸市の吉成邦 雄さんの「安糸平1419」号ときまりました。
  吉成さんは2年連続の名誉賞獲得となり、ます ます自信を深めた様子でした。
  多くの生産者が生体時の審査で同牛を1位に選 び、生体、枝肉ともに1位ということに驚きの声 が見られました。
  最優秀賞には雌で常総市の佐藤治彦さんの「は るこ43」号となり、甲乙つけがたい内容でした。
  高級牛肉が売れないなかで、1頭当たりの平均 販売金額は1,046,602円となり、前年を上回りま した。また、平均販売単価1,970円や平均枝肉重 量531kgもともに前年を上回り良い結果となりま した。



出品牛セリ風景


  肉質の善し悪しではBMSで7.7、格付の評価 ではAB4等級以上が90%と前年の76%を大き く上回り、生産者の努力が実った結果となりまし た。
  また今回は生産者を始め82名の参加を見、年々 参加希望者が増え、熱気を帯びてきて常陸牛に対 する関心の深さがあらわれました。



名誉賞受賞者 吉成邦雄氏


受賞者は以下のとおりです。