平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度〜

     平成22年度 > 1月号 : 年頭のごあいさつ


年頭のごあいさつ
(社)茨城県畜産協会 会長 市野沢 弘




  新年明けましておめでとうございます。皆様方 におかれましては、心も新たに新年をお迎えのこ ととお喜び申し上げます。
  昨年におきましては、本協会の事業運営に際し 深いご理解とご指導、ご支援をいただきましたこ とを心から厚く御礼申し上げます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
  さて、昨年を振り返って見ますと、4月に宮崎 県での口蹄疫の発生があり終息までに約29万頭に 及ぶ多数の家畜が殺処分され、我が国の畜産史上、 最大規模の未曾有の大惨事となりました。また、 11月にはTPP(環太平洋パートナーシップ協定) の協議を開始する旨の閣議決定がなされ、輸入関 税の全廃が進められようとしております。今後、 畜産物や米など農畜産物の国際競争の激化により 生産基盤の崩壊が懸念されることから、TPP参 加は断固として阻止する必要があります。
  国内の畜産を巡る状況は相変わらず配合飼料価 格の高止まりと経済不況による、畜産物の価格低 迷等によって農家所得は減少し、経営の継続を懸 念される等不安な状態となっております。
  今年の干支は「卯」であります。うさぎは飛び 跳ねる、「跳躍」することから、いち早く現状を 脱し、希望あるより良い方向へ「跳躍」できるこ とを願っております。
  畜産協会は、昨年に引き続き行政の補完的役割 として、県及び関係団体と連携・協力のもと経営 支援指導事業を始め、経営安定対策や衛生関連事 業等の畜産経営を支援すべく各種事業に役職員一 丸となって取り組む所存ですので、昨年にも増し てご支援ご協力をお願い申し上げ、本年が皆様に とって、実り多い年となりますよう祈念いたしま して、新年のごあいさつと致します。