平成23年度 平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度 平成17年度〜

     平成22年度 > 11月号 : 東京で「いばらき」県産品のPR!!!


東京で「いばらき」県産品のPR!!!
茨城県常陸牛振興協会 大槻敏之


  去る10月16日から17日の2日間東京中央市場卸売市場において、「東京食肉市場まつり」が開催されました。



  主催は社団法人東京食肉市場協会が都民祭りの一環として開催し、東京食肉市場へ出荷している各県の銘柄牛が協賛する形で進めています。
  今年は茨城県の銘柄牛常陸牛が参加することとなり、3年にわたり準備を進めてきました。
  茨城県を中心に「東京食肉市場まつり茨城県実行委員会」を結成し、「いばらき農林水産物まつり」を東京で行うという実行の形をとりました。



  茨城県を代表するコシヒカリ、くり、レンコンなど野菜類や酒、納豆、魚産物などの試食販売PRをおこないました。
  また、茨城県の観光・空港PRやみのり太鼓などの出し物をおこない、茨城県のイメージ向上に努めました。
  会場へは2日間で27千人を超える消費者が訪れ、全農茨城県本部の野菜コーナーは昼ごろには品物が無くなるなど追加しても間に合わないほどの勢いで、納豆や、牛乳、クリなども完売するなど、茨城県は大消費地を支えているという実感を強く感じました。



  開会式においては東京都民まつり実行委員会の腰塚副会長が挨拶、農林水産省や都議会の挨拶に続き、茨城県を代表して宮浦 浩司農林水産部長が祝辞をのべ、茨城県の観光・農産物のPRをおこないました。続いて、鏡割りには、当県から、山口 武平家畜商協理事長、古平 力県畜産連会長、柴田 誠全農県本部長が加わり、2つの「副将軍」の樽に木槌を入れ市場祭りの開会宣言となりました。会場は歩く隙間もなく、むんむんとした熱気であふれ、大いに盛り上がりをみせました。また、会場では「いばらき夢ガイド」や「水海道千姫さま」「常陸牛大使」が茨城のPRに努め華をそえてくれました。