平成18年9月30日(土)いばらき畜産物ブランドアップ事業(情報発信事業)の一環として、常陸牛の理解促進や消費拡大を目指し、茨城県常陸牛振興協会で実施している「常陸牛おいしさキャンペーン」ハガキにより応募のあった604通の中から、抽選で25組54名の消費者を招待し産地交流会(常陸牛農場見学ツアー)を開催いたしました。
 昨年度より、販売支援強化事業として、茨城県常陸牛振興協会に販売促進専門員が設置され、より積極的な取り組みが進められ、平成18年8月末現在の常陸牛指定生産農家数は187戸、販売指定店及び推奨店は309店舗まで伸び、すでに平成22年を目標とした300店舗も達成され、今回のツアー応募ハガキも新規加入店なども数多く見られ、確実に店舗が増えていると実感できるものでありました。
 当日のツアーは、天候にも恵まれ、観光バス2台により(県庁とTXつくば駅)、茨城県内をはじめ、東京都・埼玉県・千葉県などの首都圏の消費者や、近隣の福島県から参加をいただき、本県の誇る銘柄黒毛和牛「常陸牛」の生産現場を知っていただくとともに、更なるPRを目指し実施いたしました。
 今回、常陸牛指定生産農家の代表して、常時飼養頭数230頭を飼養している中村公徳さん経営(水戸市鯉渕)の農場で実施させていただき、日頃の飼養管理方法や自身の常陸牛生産へのこだわりなど、消費者へ理解していただくための説明をいただきました。

 参加者からは、「どうして鼻にリングみたいなものが付いているの?」「全部の牛が常陸牛になるのではないのですか?」などの質問を通して農場内を見学し、常陸牛の生産現場に触れ、理解していただけたことと思っております。
 農場見学後は、茨城町にある「ポケットファームどきどき」に移動し、中村さんの生産した常陸牛(格付、A5)をバーベキューで味わっていただき、参加者からは、タレなど付けずとも大変おいしく、常陸牛のおいしさを改めて実感でき、今まで以上に常陸牛のファンになり今後も購入したい、などの声が聞かれました。このツアーは、平成16年度から始まり、今年度で一応の節目となりますが、この事業を通じた産地交流会(常陸牛農場見学ツアー・年1回)は、3ヵ年で延べ159名の消費者を対象に交流会を実施して参りました。

 「常陸牛」に対する知名度も年々向上しているものと実感でき、参加者からの声(アンケート結果)も、生産者の飼養管理技術や衛生管理が良く、牛に対する愛情が消費者へ伝わった、常陸牛生産に対して現場を見て更なる安心感が得られた、常陸牛PRのために、関係機関のスタッフが一丸となって盛り上げている姿勢・熱意が伝わったと言う意見を数多くいただきました。
 今後は、茨城県常陸牛振興協会を中心とした指定生産者及び関係者の前向きな活動や、引き続き販売指定店・推奨店の推進も進め、数多いブランドの中でも「茨城=常陸牛」がより高く支持、定着されるよう期待いたします。