たい肥化施設を導入するときに,どのような施設を導入したらよいか悩みませんか?
 家畜ふんのたい肥化施設を区分すると,@たい肥舎,A開放型たい肥化施設(発酵層に攪拌機が付属したもの),B密閉型たい肥化施設(密閉された発酵層に撹拌機能や送風機能が付いたもの)の3つに区分できます。平成17年度に茨城県たい肥品質診断推進事業で茨城県畜産センターに搬入された家畜ふんたい肥の肥料成分の分析結果をもとに,処理方式ごとに生産されたたい肥の特徴を説明します(乳牛ふんたい肥54点,肉用牛ふんたい肥28点,豚ぷんたい肥58点)。

1 家畜ふんたい肥の肥料成分とC/N
 家畜ふんたい肥の肥料特性は,水分・窒素・リン酸・カリおよびC/Nによって表されます。
 C/Nとはたい肥成分中の炭素量を窒素量で割ったもので,土壌中で窒素がどの程度肥料として効くかを知る目安になります。
 持続農業法(エコファーマー認定制度)を参考にすると,C/Nが10以上のものが「土づくりに関する技術」として活用できますが,C/Nが30を超えると窒素を肥料成分として期待できなくなるため土壌改良材とみなされます。
 分析結果では,家畜ふんたい肥の88%がC/N10以上30未満であり「土づくりにもなるし,肥料としても効く」ことがわかりました。家畜ふんたい肥の利用を進めるためには,肥料成分の明確化(表示)が重要になります。なお,C/Nはオガクズ等水分調整材投入量が多いほど高くなり,発酵が進むほど低くなります。

図1 家畜ふんたい肥および耕種農家たい肥のC/N

2 乳牛ふんたい肥の特徴と処理方式による違い
 乳牛ふんたい肥は,C/Nが高く肥料成分が低いのが特徴です。たい肥舎および開放型たい肥化施設での処理が主流です。

 (1)たい肥舎
 水分が高く,水分率70%以上のものが2割ほどありました。ベタついてふん臭が残っているなど発酵不足であり,このようなたい肥は,水分調整材や切り返し作業を増やす必要があります。

 (2)開放型たい肥化施設
 他の方式に比べ水分が低く,カリが高いのが特徴です。
 毎日1〜数回の機械的な撹拌を行うことで,固まりの少ない均一なたい肥が生産できます。確実な切り返しによる発酵促進と高い水分蒸散能力から,たい肥の水分率が低くなります。ベタつかず,埃が立ちにくいなど取り扱いの容易なものになります。カリが高くなるのは,水分蒸散能力を期待した尿の混入や戻したい肥の多用・フリーストール牛舎の普及などが原因と考えられます。施設園芸などカリが過剰に蓄積した土壌には適さない場合もあります。

 (3)密閉型たい肥化施設
 C/Nが他の処理方式に比べ顕著に高くなります。処理施設への生ふん投入時に水分を低くする必要があり,多量の水分調整材を要するためC/Nが高くなります。発酵温度を維持するために鶏ふんや油粕を添加している事例もあります。
 他の施設に比べ高額な設備投資が必要で,かつ水分調整材購入費が多額になるため,生ふんの水分率が高い乳用牛での導入には,十分な検討が必要です。

3 肉用牛ふんたい肥の特徴
 肉用牛ふんたい肥は,1点を除き全てたい肥舎で処理されていました。C/Nが高く,窒素・リン酸・カリのバランスがとれています。
 土づくり効果が期待でき,突出して高い成分がないため化成肥料との調整がしやすく,耕種農家にとって使いやすいたい肥と言えます。切り返しを頻繁に行い,十分に発酵させて良質なたい肥を作れば,利用者が見つかります。
 しかし,肉用牛ふんたい肥は農家ごとのC/Nの差が大きく,水稲など窒素施用量の少ない作物に利用するときには,個別の成分表示を確認したうえで施肥設計するのが良いでしょう。
図2 牛ふんたい肥の成分分析値とC/N


4 豚ぷんたい肥の特徴と処理方式による違い
 豚ぷんたい肥は,牛ふんたい肥に比べC/Nが低く窒素・リン酸・カリなどの肥料成分が高いのが特徴です。
 処理方式としては,全体の1/2がたい肥舎で処理されており,開放型たい肥化施設・密閉型たい肥化施設がそれぞれ1/4を占めています。C/Nの平均は13.8で,従前の報告書等(10前後)に比べ高い結果となりました。

 (1)肥料成分のバランス
 窒素よりもリン酸が目立って高く,豚ぷんたい肥とリン酸質肥料を併用するとリン酸が過剰になる可能性があります。施肥設計をするとリン酸質肥料の添加が不要になる場合もあります。硫安などの窒素肥料による調整を行うと,上手に化学肥料代を抑えることができます。

 (2)たい肥舎・開放型たい肥化施設
 C/Nが20前後と牛ふんたい肥並みに高いものがありました。県内で踏み込み式豚舎や水分調整材使用が普及してきた結果と考えられます。開放型たい肥化施設で水分調整材の添加をせずに処理したもののなかには,粘性が著しく高くなってしまいマニュアスプレッダーでの散布が困難なたい肥がありました。耕種農家が取り扱いやすいたい肥をつくるためには,水分調整材の添加が必要です。

 (3)密閉型たい肥化施設
 水分率とC/Nが低く肥料的性質が強いのが特徴です。設置面積が少なく低水分で袋詰め等による流通が容易ですが,製品中に穀類の皮等が目視できるなど未分解で乾燥物的な面があります。水分を加えると再び発酵を始めるため,施用に当たっては播種・定植の1か月ほど前に散布をしておくなど工夫が必要です。

図3 豚ぷんたい肥の成分分析値とC/N

5 おわりに
 これまでたい肥化とは「生ふんを処理すること」でしたが,これからは「耕種農家が使いやすいもの」を意識することが大切です。
 畜種による特徴など調整できない部分がありますが,乳用牛ではカリが高くなったら戻したい肥の量を控えたり,豚ぷんたい肥で銅・亜鉛が高いときには飼料を見直すなど,工夫できることもあります。自分のたい肥の特徴を知って耕種農家に良い活用法を提案し,販路拡大につなげてください。