○ポジティブリスト制度について
 これまでわが国では,厚生労働省が食品衛生法に基づいて残留農薬基準を設定しており,残留農薬基準を超えるような農薬が残留している農畜産物は,食品衛生法により販売禁止などの措置がとられることにより,農畜産物の安全が確保されてきました。
 しかし,我が国で残留基準が設定されている農薬等は283品目(H17年11月現在)で,全世界で食用農産物に使用される多くの農薬や動物薬,飼料添加物などに残留基準が設定されておりませんでした。
 現行制度では,残留してはならないものを示すネガティブリスト制度を採用しているため,基準が設定されていない農薬については,いくら残留があっても規制できず,食の安全確保上の大きな課題となっていました。
 こうしたことから,食品衛生法が改正され,今まで基準が設定されていなかった農薬等が,一定量(人の健康を損なうおそれのない量=一律基準)を超えて残留する食品の流通を原則禁止するポジティブリスト制度が,平成18年5月29日から施行されました。
 ポジティブリスト制度の施行に伴い,国内や海外で使用される農薬や動物用医薬品,飼料添加物について,国際基準であるCodexや農薬登録保留基準,先進諸外国の基準を参考として暫定的に基準値(暫定基準)が新たに設定され,基準値をオーバーする食品(加工食品を含む)については流通が禁止されます。
 また暫定基準が設定されていなかった農薬等については「人の健康を損なうおそれのない量」=一律基準 として,0.01ppm(1kgの農産物の中の0.01r(10万分の1g)に相当)が適用され,基準値を超える場合は流通が禁止されます。

○ポジティブリスト制度への対応
 ポジティブリスト制度の施行後も,これまでどおり,使用基準(農薬等のラベルに表示されている使用方法)を守って使用すれば,残留基準を超えることはありません。これまでと同様,生産段階において適正な使用や管理を行うことが重要です。
 ただし,自給飼料を生産する際の農薬散布については,隣接する農作物への飛散(ドリフト)をできるだけ少なくするよう,心がけることが必要となります。
 また,生産段階で使用した農薬,動物用医薬品,飼料添加物等を記帳しておくことも重要です。これは,農薬等の使用状況を適切に記帳し,販売先などにその結果を示すことで販売先や消費者の信頼を得られることや,万一残留基準を超過した場合には,原因の究明,問題となるロットの特定,残留分析などが必要となるロットの範囲の絞込みなど,生産者として適切な対応を図ることができるためです。

 ポジティブリスト制度の詳細や不明な点については,最寄りの家畜保健衛生所(動物用医薬品関係),地方総合事務所(農薬,飼料添加物関係),農業改良普及センターへお問い合わせください。

ポジティブリスト
原則規制(禁止)された状態で,使用を認めるものについてリスト化するもの

ネガティブリスト
原則規制がない状態で,規制するものについてリスト化するもの