毎年行われている国民栄養調査によりますと、唯一不足が指摘されているのはカルシウムです。 カルシウムの供給源としての牛乳について、児童・生徒のポスターを通じて県民への理解と協力を深め、健康づくりに寄与することを目的に、昨年に引き続き「消費拡大事業ポスターコンクール」を実施しました。
 県内各地の小・中学校合わせて1,674点の応募がありました。厳正な審査の結果、最優秀賞には千代田町立志筑小学校4年の中里一樹君、優秀賞には八郷町立恋瀬小学校6年の梶谷慧さんほか4名、入賞には32名が選ばれました。
 審査委員長の小野瀬進先生(県芸術祭委員)からは「楽しい作品が多く牛乳に対する関心の高さを感じました。なかには、何のポスターかわからない作品も目につきました。また、漫画的な顔の表情などもみられましたので、今後の反省にしてほしいと思います。特別賞に選ばれた6作品はさすがに甲乙つけがたいすばらしい作品でした」との講評をいただきました。今後、最優秀賞の作品は牛乳パックの広告欄で活用する計画です。
 当協会としては、完全食品といわれる「牛乳」の正しい知識と理解の啓蒙を行い、飲用促進につながるような事業を推進していきたいと思います。
最優秀賞(茨城県知事賞)
千代田町立志筑小4年 中里 一樹
優秀賞(茨城県農林水産部長賞)
千代田町立志筑小1年 井坂 真梨
優秀賞(茨城県議会議長賞)
八郷町立恋瀬小6年 梶谷 慧
優秀賞(茨城新聞社長賞)
千代田町立志筑小2年 関 友利花
優秀賞(茨城県教育長賞)
神栖町立第一中2年 永島 亜香子
優秀賞(茨城県酪農業共同組合連合会長賞)
水戸市立石川小6年 中郡 芽似


茨城県農林水産業の地位
水戸統計・情報センターが発表した統計のうち畜産関係品目を抜粋しました。詳しくは同所ホームページをご覧ください。
[http://www.ibaraki.info.maff.go.jp/]

牛枝肉各付情報
(社)全国肉用牛振興協会・(社)日本食肉各付協会が発行した「牛枝肉各付情報(平成16年1月〜12月)」より茨城県分を抜粋、整理しました。表中の数字は頭数の構成比%です。