1.はじめに
 交雑種(F1)肥育牛は、県内で28,100頭飼養されており、肉用繁殖雌牛を含めた全肉用牛飼養頭数63,600頭の半分近くを占めている(以上H15.2.1農林統計)。
 那珂郡大宮町の農業生産法人(有)瑞穂農場は、乳牛の他に肥育牛を約3千頭余飼養し、飼料給与もTMR形態で行い粕類の利用も図って、低コスト生産を目指している。稲敷郡東町で生産された飼料稲(平成13年度生産)をホールクロップサイレージ(以下「稲WCS」という)にして、瑞穂農場において当研究所とともに、F1肥育牛への給与調査を実施したのでその概要を紹介する。

2.調査の方法
 3区設定し、飼料は日本飼養標準を参考に、TMR形態で給与した。肥育前期に稲WCSを給与し、後期は全区同じ飼料で粗飼料は稲わらを給与した。

表1 供試頭と飼料給与
調査区 供試頭数 肥育前期
9〜14ヶ月齢
肥育後期
15〜約28ヶ月齢
稲WCS区 21 稲WCS
配合飼料 ビール粕
稲わら
配合飼料
稲WCS+チモシー区 30 稲WCS、チモシー
配合飼料 ビール粕
稲わら
配合飼料
チモシー区 30 チモシー
配合飼料 ビール粕
稲わら
配合飼料
注 稲品種は、チョニシキ、はまさり

表2 調査飼料配合割合(TMR)
原物中%
調査区 チモシー 稲WCS ビール粕 配合飼料
稲WCS区
47 18 35
稲WCS区+チモシー区 7 31 21 41
チモシー区 22
26 52

3.結果
1)稲WCS馴らし給与期間の状況
 平均9ヶ月齢から2ヶ月間馴らし給与期間をとった。当初稲WCSを含め各飼料を一度にコンプリートフィーダーに約30分かけてTMRを作ったが、ミキシング後の稲WCSの長さが10〜30cmあり切断が不十分であったためと思われ、稲WCSのみ食い残しが多く見られた。試行錯誤し、最初に稲WCSのみを約30分コンプリートフィーダーにかけ、その後他の飼料を混ぜ、さらに30分かけることで5〜15cmに切断され、牛が残さずに食べるようになった。その後11〜14ヶ月令まで本調査を開始した。
2)飼料摂取量、増体量等
 給与した各飼料の成分について分析し給与設計をした。全カロチンが稲WCSは13.7mg/kgあった。
 TMR飼料の飼料摂取量は本調査中の11〜14ヶ月令では、稲WCS区の総量が原物で14.4kg/日頭、乾物で7.8kg/日頭であった。稲WCS区は慣れてくると、食い込みが良く嗜好性は良かった。日増体量はチモシー区についで稲WCS区が良く0.80kg/日頭であった(表3)。

表3 調査中の日増体量と飼料摂取量(1頭当たり)
調査区 供試
頭数
体重 (kg) DG
(kg/日)
開始 終了
稲WCS区 21 369 459 0.8
稲WCS区+チモシー区 30 400 487 0.77
チモシー区 30 367 461 0.83

調査区 飼料原物摂取量 (kg/日)
チモシー イネWCS ビール粕 濃厚飼料
稲WCS区
6.8 2.6 5 14.4
稲WCS+チモシー区 0.9 4.2 2.8 5.5 13.4
チモシー区 2.2
2.7 5.3 10.2
3)飼料稲の経済性
 今回東町の飼料稲(品種:チヨニシキ、はまさり収穫面積5.2ha)を使ったが、栽培初年度で栽培技術に習熟してなかったと思われ、10aあたり原物収量は1t台で少なかった。「クサホナミ」など高収量品種は、乾物収量で2t/10a近くあることが報告されている。
 以下乾物中成分が比較的似ているチモシー乾草並の栄養価値を考慮して、今回の分析値をもとに試算した。TDNでみて原物収量で3,000kg/10aあれば、稲WCSの当農場着値で約47千円/10aと試算された。ただし稲WCSの保管場所、運送手段の確保等が必要であり、運賃を考慮した場合の原物圃場価格は、原物収量で3,000kg/10aあれば、約35千円/10aと試算された。(表4)

表4 チモシー乾草のTDN価格より、稲WCSの原物価格の推定
原物収穫
kg/10a
乾物収穫
kg/10a
当農場着値原物価格
円/10a
原物圃場価格
円/10a
1,000 364 15,755 11,755
1,500 546 23,632 17,632
2,000 728 31,509 23,509
2,500 910 39,387 29,387
3,000 1,092 47,264 35,264
3,500 1,274 55,141 41,141
4,000 1,456 63,019 47,019
4,500 1,638 70,896 52,896

4)血液成分
 本調査終了時(稲WCSの給与終了時14ヶ月齢)の血中レチノール(ビタミンA)濃度は、チモシー区が最も高く92.0IU/dlあり、稲WCS区は75.0IU/dlであった。日本飼養標準では、30〜40IU/dl以上に維持するとされており、今回食欲不振等ビタミンA欠乏症状を示す牛は見られなかった。
5)増体、枝肉成績
 3区とも生後約28ヶ月齢でと畜して出荷体重は、稲WCS区が738kgであった。稲WCSを給与した本調査開始時から出荷までの日増体量は、稲WCS区が0.75kgで最も良く、ほか稲WCS区+チモシー区が0.71kg、チモシー区が0.69kgであった。枝肉重量は、粗飼料全量稲WCS区が445kg、稲WCS+チモシー区が463kgで、チモシー区が431kgであり、稲WCSを含む給与区(稲WCS区、稲WCS+チモシー区)が、非給与区(チモシー区)より良かった。肉質は、稲WCS区が格付け3以上が63%、BMSNo.が3.4でチモシー区との有意差が認められ最も好成績であった(表5)。

表5 肥育前期に稲WCSを与えた枝肉の格付け
調査区 調査頭数 格付け
3以上%
枝肉重量
(kg)
ロース芯面積
(cm2)
ばら厚
(cm)
稲WCS区 16 63 445±47 45.8±8.4 6.5
稲WCS区+チモシー区 24 33 463±40 b 48.3±11.7 b 6.9
チモシー区 15 47 431±60 a 42.9±8.0 a 6.7

調査区 皮下脂肪
(cm)
歩留り
基準値
BMS
No
BCS
No
BFS
No
稲WCS区 2.6 a 69.8 a 3.4±1.0 a 4.2 2.8
稲WCS区+チモシー区 2.2 70.5 b 3.0±0.8 4.3 2.8
チモシー区 2.1 b 70.1 2.7±0.7 b 4.2 2.7

 以上稲WCS給与区は、出荷時点まで見て増体、肉質とも最も好成績であった。